浮気をした彼氏から慰謝料を取ることってできるの?

結婚しているケースであれば、浮気をされたという事実によって慰謝料を請求することができますが、付き合っているケースは慰謝料を相手に請求することができるのでしょうか。実は、状況によっては付き合っている段階であっても慰謝料を請求することができます。

どのような状況が該当するのか詳しく説明していきますので、悩んでいる人は是非参考にしてください。

基本的に付き合っている段階では慰謝料請求はできない

結婚を約束しているわけでもない、付き合いの段階のカップルの場合は、彼氏が浮気をしたとしても慰謝料を請求することはできません。その理由として、法的に違反しているわけではないからというものがあります。結婚は法的な契約ですが、付き合っている段階というのはこれに該当していません。

お互いが好意を持って付き合っているだけであり、何の約束もなされていないのです。その為、付き合っているだけのカップルの浮気は慰謝料請求をすることができません。

婚約をしている場合は慰謝料請求ができる

将来の約束をしていないカップルの場合は、いくら彼氏に浮気をされたとしても慰謝料請求することはできませんが、婚約をしている場合は請求することが可能です。

婚約と言われても、何をしていれば婚約なのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、これは結婚するという意思がお互いにあることと、親などに紹介して、いずれ結婚するつもりがあるというニュアンス的なものを伝えていた場合や、すでに両家で顔合わせをしているなどの事実があれば、婚約しているとなるでしょう。

ただ、注意しなくてはいけないのが、片一方が結婚を考えていただけの場合は婚約しているとはみなされません。あくまでも、双方が合意の上で結婚を考えている場合に婚約となるのです。もちろん、婚姻届けを出しているわけではありませんので、結婚をしている場合とは多少異なる部分はありますが、それでも将来の約束を一切していないカップルよりは夫婦寄りで考えてもらうことができます。

事実婚の場合も慰謝料請求が可能

入籍をしていないけれど、結婚している段階と同じ状況にあることを事実婚と言います。一つの家にお互いが住民票を異動し、生活を共にしていることが証明できる場合なども事実婚として扱われます。昔は事実婚と言えば、何らかの後ろめたさを持っている人達がしているものという認識でしたが、昨今では結婚という形が変化して、事実婚を選択する人達が増えたのです。

結婚生活と何ら変わらない生活をしていたり、お互いに法律婚と同じイメージを持っている場合も該当します。

慰謝料請求の相場はいくら?

結婚している夫婦の場合は、数十万円~数百万円と状況などによって変化はあれど、浮気は相手の有責とみなされる為、慰謝料請求することができます。夫婦の場合は、夫婦関係や浮気の回数、浮気の期間などが重視されるので個人差があります。

付き合っている彼氏の場合で請求できるのは、上記でも説明しました通り、婚約をしているケースや事実婚のケースです。そして、それ以外にも慰謝料の金額を左右する条件があります。例えば、交際期間が長いことや、結婚適齢期であった場合などは金額が上がると言われています。

また、結婚式の準備(式場の手配や新居の準備など)をしている場合、勤めている職場をすでに退社してしまったなどの背景があると、慰謝料の金額に影響を与えるでしょう。慰謝料というのは、肉体的・精神的な被害に対して請求するものですから、精神的な部分も関係しています。

中には、「浮気相手との結婚を考えている」と伝えられたり、「浮気ぐらいいいだろう」と開き直った態度を取られたなども慰謝料に関しては影響してしまうのです。夫婦と全く同じかと言われればそこまでの請求は難しいのですが、それでも近いぐらいの金額は得ることが可能です。

泣き寝入りすることなくしっかり請求しましょう。

同棲中の相手が浮気!慰謝料を取るにはどうすればいい?

彼氏に慰謝料を請求する為には何が必要かを知っておく

慰謝料を請求する為に、結婚する意志があったという証拠が必要になります。例えば、すでに結納を済ませている場合であれば、婚約しているとみなされるので困ることはありませんが、口約束程度であると婚約している証拠としては不十分になりやすいので注意しましょう。

婚約指輪を受け取っているなど物的証拠があるとより効力を発揮します。また、浮気の証拠も必要不可欠な要素です。スマートフォンの中に浮気の証拠があったとしても、勝手にそれを見てしまった場合は証拠として不十分と扱われてしまいますのでその点には注意が必要です。

そのため、ホテルから出てきた瞬間の写真や浮気相手の自宅に何度も出入りしていたという証拠写真があれば証拠として提出することができます。

これらの写真を自分で得ることはかなり難しいので、必要に応じて探偵事務所などにお願いすることも考えましょう。中途半端な証拠ですと、彼氏に開き直られてしまう可能性がある為、浮気を立証することができるものを事前に準備しておくことが大切です。

浮気したパートナーから慰謝料をもらうときは覚書などの文書を作成しよう

彼氏と直接話し合って慰謝料請求する場合

彼氏に浮気の事実を伝え、証拠を提示し慰謝料請求の話し合いをします。話し合いの際に、言った言わないと揉めるケースがありますので、文面に残しておくようにしてください。二人で話すことで逆上されたり、暴力を受けたりする可能性があるので、なるべく第三者を間に挟むことが大切です。

こちらの意思を伝えるのに有効なのが、内容証明郵便で慰謝料を請求する意思を書面に記し、それを郵送することです。内容証明郵便とは、相手に確実に郵送物が届いたことを証明することができるもので、後から届いていないなどと言えないものです。

彼氏との話し合いがスムーズに行われれば、示談という形で慰謝料をもらい終わらせることができますが、もしこの段階で相手からのアクションがない場合は裁判にまでもつれ込むことになります。

弁護士を通して裁判を起こす場合

話し合いで慰謝料に応じてもらうことができなかった場合は裁判を起こすことになります。自分で裁判を起こすことも可能ですが、手続きなど法的なことが多いので、弁護士に相談しサポートしてもらってください。自分で裁判を起こす際には、裁判所に訴状を提出し、法廷に出向くことになります。

彼氏側が裁判になっても問題ないとした場合、法廷で慰謝料について争われることになるでしょう。実際に判決が出るまでに何カ月~何年になることもありますので、最終的な判断として心に置いておいてください。

法廷で争った場合、判決を下すのは裁判官です。

その為、いくらこちらが傷ついたと訴えたとしても状況判断から慰謝料の請求が棄却されることもあるのです。その為、裁判を起こせば必ず慰謝料請求が可能なわけではありませんので、しっかり考えてから行動するようにしてください。

法廷で問われるのが、慰謝料を払う義務が発生しているのかという点と、慰謝料の金額が妥当かという点です。