浮気したパートナーから慰謝料をもらうときは覚書などの文書を作成しよう

パートナーが浮気をしていたことが発覚し、浮気によって著しく精神状態を傷つけられたことが認められる場合は慰謝料を請求することができます。

しかし実際には慰謝料などを要求しても結局支払われないケースも多いのです。関連情報...弁護士法人アディーレ法律事務所 > 浮気慰謝料請求

ここでは浮気をパートナーにされたことが分かり、慰謝料を請求する場合、どのようにすれば確実に支払ってもらうことができるのかを解説します。

妊娠中に浮気された場合の慰謝料相場

口約束は守られない可能性が高い

パートナーに浮気をされて慰謝料を請求する場合、意見が決裂したときは裁判などで争うことになる場合もあります。裁判によって慰謝料を支払うことが認められた場合は正式な文書で慰謝料を支払うことを相手に認めさせることになりますし、支払わなければ約束を反故にしたとして厳しい罰則が科せられます。

従って裁判にまでもつれた場合は慰謝料がきちんと支払われることが多いです。ところが浮気に関してはした側はもちろん、された側もあまり公にはしたくないというのが本音であるため、それほど揉めたりしなければ当事者間のみで話し合いが終わることがほとんどです。

当事者のみで話し合いが終わった場合はお互い気心の知れた関係であるからか、慰謝料などに関しては口約束だけで終わらせる人も多いのですが、口約束では形として残るものが何もありません。従った相手が約束を反故にして慰謝料を支払わなかったとしても相手に慰謝料を請求することが大変難しくなります。

確実に慰謝料を受け取りたいなら文書を作成しよう

いくらお互い気心の知れた間柄だったとしても、相手にやってはならないことをしたことを認めさせ、確実に慰謝料を受け取るためには覚書をはじめとした文書に残し、相手にもサインをさせることがとても大切になります。

慰謝料を受け取るために必要な文書としては具体的には覚書と念書がありますが、両者は意味合いが少し異なります。

覚書は簡単に言えば契約書を作成する前に合意した内容を書き、約束を守ってもらうための文書です。そして念書は実際に相手に守ってもらう約束事を記した文章になります。

ただし覚書の内容によっては念書や契約書とほぼ同等の扱いになることもあります。

文書にして残すことによる効果

文書にして残すことによって、実際に相手が認めたという証拠になるだけではなく、そのほかにもさまざまな効力があります。慰謝料は配偶者ではなく浮気相手にも請求することが可能ですが、証拠が残っていない場合、裁判の答弁時に相手が不倫をしていたことを認めない態度を取られると慰謝料を求めるのが困難になります。

しかし浮気相手が浮気をしていることを認めていなかったとしても配偶者側が浮気をしていたという事を文書に残して認めているならば、浮気相手も最終的には浮気をしていたことを認めざるを得なくなります。浮気をした結果、離婚に至る夫婦は多いですが、中には浮気をした相手とよりを戻して夫婦関係を継続するケースもあります。

しかし浮気をする人間というのは浮気を繰り返すことがとても多いです、現時点では浮気を二度としないと約束をしていたとしても、その約束を反故にして再び浮気をすることも十分考えられますし、最悪の場合は浮気相手と口裏を合わせて一時的に関係を絶った後、最終的に事実関係を否定したり場合によっては再びその相手と浮気の関係に戻ることもあります。

しかし何らかの文章にして相手に浮気をしていたという事を認めさせておけば、後日その事実を覆すということはとても難しくなります。文書を作成することによって、万が一の裏切りに備えるという効果もあるのです。

同棲中の相手が浮気!慰謝料を取るにはどうすればいい?

確実に浮気相手から慰謝料を受け取れる示談交渉の方法

以上のように慰謝料を確実に受け取るためには、相手が浮気を認めたという証拠を残した文書を作成することがとても重要になるわけですが、相手に文書を確実に書かせるためには、そこに至るまでの示談交渉の方法も知っておく必要があります。

まず相手の浮気が確実なものと発覚したら、あらかじめ相手に浮気を認めさせるための文書を作成したり、相手に浮気を認めさせ、文書を書かせるための証拠集めなど下準備をしておきましょう。十分な下準備が出来たらいよいよ実際に示談交渉をおこないます。

配偶者との話し合いはいくらでも可能なので問題ありませんが、浮気相手と話し合いをするためには極力逃げられないような場所で待ち伏せるのが有効です。

例えば浮気相手と配偶者が同じ職場の場合は仕事場の近くで待ち伏せるのが良いでしょう。

仕事場の近くで待ち伏せることによって、逃げ出したら職場に乗り込まれるかもしれないという心理が働きます。また、浮気相手が既婚者の場合は自宅近くが待ち伏せ場所として最適でしょう。この場合も同様に家に乗り込まれたらどうしようという心理が相手に働きます。

話しかける前に証拠として残しておくためにボイスレコーダーの電源を入れておき、相手に実際に話しかけ、近くのファミレスなどに一緒に来てもらいましょう。ファミレスに行く場合は、徒歩ではなく相手の車で行くのが良いでしょう、徒歩で行くと相手に逃げられる恐れがありますし、自分の車に乗せて連れて行った場合、後日相手に無理やり連れていかれたと言われる可能性があるからです。

そして、配偶者との連絡を防止するためすぐに用意した封筒にこちらの目の前で携帯電話を入れてもらい、封をしてもらいましょう。携帯電話もこちらが預かると無理やり奪われたと言いがかりをつけられる恐れがあるので好ましくありません。

そしてファミレスに着いたらあらかじめ用意した文書を読んでもらって目の前でサインをしてもらいます。こちらが集めた浮気をしているという証拠などはあえて見せない方が良いでしょう。証拠を見せない方が、相手はこちらがどこまで証拠を握っているか分からないので恐怖心を持たせることができます。

証拠は裁判になったときに提示するようにしてください。

パートナーの浮気で慰謝料を請求するには探偵に調査を依頼して証拠をつかむ必要がある

公正証書ならばより強力

自分が作成した文書でもそれなりの証拠にはなりますが、文書にサインしたとしても実際に支払いしてもらうまでは安心してはいけません。特に分割払いの場合は、いつの間にか支払いが滞っている場合があります。もし慰謝料の支払いが長期的になることがわかっている場合は、司法書士などに依頼して公正証書を作成しておきましょう。

公正証書には裁判の判決と同じ効果があるため、もし相手が支払いを渋った場合には財産を差し押さえることができます。